ゴキブリ駆除110番 メインイメージ

ゴキブリのさまざまな駆除法

市販の殺虫剤などを用いたゴキブリの駆除法を以下にご紹介します。

市販品の使用

市販のゴキブリ駆除用品は大きく4種に分類できます。

◆ 誘因剤によりおびき寄せ、粘着シートなどで捕獲するタイプ
◆ 毒餌を用い、摂取したゴキブリ自体を死亡させるタイプ
◆ 薬剤を噴射して殺虫するタイプ
◆ 密閉した室内での化学燻蒸(くんじょう)により薬剤を散布するタイプ

市販品の使用

どれもある程度の効果を持ち、ゴキブリ駆除には一役買ってくれることでしょう。 しかしながら、これらの市販品はすべて「対症療法」であることに注目してください。 どれもゴキブリを根絶させるようなものではないのです。 また、粘着シートなどを使用した捕獲器は、学習性の高いゴキブリには効果がありませんし、放置していると逆にゴキブリの巣となる可能性もあります。 また留意しておきたいのが「薬剤への耐性」の問題です。薬剤を使用し過ぎることで、その薬剤への耐性を持ったゴキブリが発生してしまうこともあるのです。特に国内のどこでも見かけるチャバネゴキブリの世代交代のスピードは激しく、1世代目では効果のあった薬剤も、2世代目のゴキブリには何の効果もないということが起こり得るのです。

普段からのゴキブリ対処法

ゴキブリ対処法

専門家ではなくても可能なゴキブリ防御策として「侵入口を塞ぐ」ことを提案します。消極的なようですが、内部のゴキブリ駆除をどれだけ完璧に行ったとしても、外部から侵入されては元も子もありません。飲食店であれば厨房や厨房に近い場所の窓、扉などのすき間を徹底的に塞いでください。市販の「すき間テープ」などで構いません。また換気口などの開口部に目の細かい網を設置するのも効果的です。排水口からもゴキブリは侵入してきます。これらの場所にも網を設置し、使用しないときは常に蓋をしておくようにしましょう。

ゴキブリ根絶のために

市販品はあくまで「対症療法」が中心。できることと言えば防御策1点張り…。1家庭であれば、その被害も知れたものですが、これが飲食店や食料品を扱う店となると話は違ってきます。お店の評判や衛生管理にも密接に関係する問題なのです。

ゴキブリ駆除110番 電話お問合わせ ゴキブリ駆除110番 メールお問合せ