ゴキブリ駆除110番 メインイメージ

店舗とゴキブリ

食中毒問題がニュースを賑わせることの多い昨今、食料品取り扱い店舗の衛生管理は非常に重要な問題です。食品の鮮度や調理器具の消毒などと同様に、大切になってくるのが「ゴキブリ駆除」です。ゴキブリは多種多数の病原体の運び屋であり、彼らの跳梁を許すことはすなわち、衛生管理をないがしろにしていることに他ならないのです。

ファーストフード経営者の方へ

ファーストフード

外食産業にとって「不衛生な店・汚い店」というイメージは致命的です。特に店内が明るく、ポップなイメージを売りにするファーストフード店にとっては、死活問題となり得ることでしょう。 ファーストフード店は調理スペースをあまり広く取らないことが多く、狭い空間内に各種調理機器が詰め込まれています。 こうした場所では調理機器の裏など人の目が届かない部分が非常に多く、かつゴキブリが活動するために必要な温度も長時間キープされています。 ゴキブリの温床となっていることはまず間違いありません。 こうした環境で、素人がゴキブリ駆除を行うことはまず不可能であると言ってよいでしょう。しかし専門の業者であれば、入り組んだ調理機器類のどの辺りにゴキブリが巣を作るのかを判断できるでしょう。またファーストフード店の規模であれば、業者によるゴキブリ駆除は非常に短時間で終了します。ランチとディナーの間、アイドル時間に施工を終えてしまうことも充分に可能です。

コンビニ経営者の方へ

コンビニ

近年のコンビニエンスストアは、おでんや肉まんの販売などは当然のこと、フライドチキンやポテトなどファーストフード店と比べても遜色ないほどの「調理品」を取り扱うようになっています。チェーン店によっては、イートインコーナーを設置している店舗もあるほど。当然調理品の販売量に比例して、生ゴミの発生量も増えていることと思われます。さらにコンビニエンスストアは24時間営業の店舗がほとんどです。常に調理機器には電源が入り、熱を持っています。それはつまり、ゴキブリにとって住みよい環境が24時間キープされていることなのです。
常に店内が明るく照らし出されたコンビニエンスストア。もしゴキブリが発生しようものなら、瞬く間にお客様の目に触れることでしょう。店舗のイメージ、店舗内の衛生環境、そして商品を清潔に保つため、業者による駆除を依頼することをおすすめします。

ゴキブリ駆除110番 電話お問合わせ ゴキブリ駆除110番 メールお問合せ